読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恩智総池】~【恩智城址公園】~【恩智左近の墓】まで

「恩智神社」(おんじじんじゃ)より上へ歩いて5分くらいの場所に【恩智総池】があります。その池の隅に赤い鳥居の社があります。詳しい事は全く分かりませんが一対の燈籠と狛犬があります。 【恩智城址公園】(おんじじょうし):恩智城は中世この地の豪族恩智左近満一が築いた。自然の高地を利用した城郭で高安連峰との間に堀をめくらせ前方に大阪平野を一望のもとにおさめた。 堀の中にかつては小島があったがそれはむかしの一の丸で現在の城址は二の丸の址という。 正平三年(一三四八)四條畷の戦い楠木正行が戦死し恩智城も落ちた。 学制領布のときここに小学校が新築され、今では桜の名所として知られている。住所:大阪府八尾市恩智中町5丁目 恩智中町5-188 【恩智左近の墓】 恩智左近満一は恩智神社の社家の出で、この地の豪族として恩智城を築き、楠木正成方に味方した八臣の一人である。 湊川の戦の後は、その子正行を助けて南朝方を守ったが不幸にして延元二年(一三三七)七月熱病のため急死した。 傍の墓碑十六基は明治十年の西南戦争に官軍として従軍し、戦死した中河内近在の人々の墓である。西南戦争戦死者墓―恩智左近墓の傍に明治10年の西南戦争に官軍として従事し、戦死した旧中河内郡近在の人々の墓が16基まつられており、感応院にはその位牌がまつられている。 所在地:八尾市恩智中町5丁目

www.jalan.net